Honeycomb FactoryBar

Bar

バー・ハニカム・ファクトリー

1999年 (東京都渋谷区)

丸穴からあたたかい光がこぼれる伝説のバー

バー・ハニカム・ファクトリーは、アルミハニカムパネルを用いた家具とインテリアを製造、販売するショールーム兼バーです。キーワードは「アルミのあたたかさ」で、アルミハニカムパネルと、タペストリー加工を施したガラス板で全体を構成しました。調光装置によって色温度と光量を大幅に下げた光が、人の寝息のようなスピードで明暗を繰り返します。この揺らぐ光によってアルミの冷たさが抑えられ、ニュートラルな光沢に表情が生まれ、居心地の良さを演出しました。惜しむらくも閉店しましたが、穴あきハニカムパネルのパーティションやバーカウンター、アルミハニカムパネルの家具はアトリエOPAにてご覧いただけます。

掲載誌
住宅特集jt 2000年1月号
商店建築 1999年9月号
ダイニングバー&居酒屋 商店建築社 2003年

設計
プロデュース ハニカム・ファクトリー
家具インテリアデザイン 鈴木敏彦
照明デザイン 円来人
グラフィックデザイン 印南比呂志

施工 設計・監理 コムインターナショナル 新井真幸
内装施工 ガイア 白井誠次
アルミハニカム特殊加工 モリシン工業 森昭人

設計期間 1998年12月~1999年3月
工事期間 1999年3月~1999年4月

ATELIER OPA Co., Ltd.

All rights reserved.