HOUSE U

Tokyo

U邸

2007年 (東京都荒川区)

がらんとした空間を活かしたリノベーション
築20年の鉄骨4階建てのビルを依頼主の希望で改修しました。1階に木工所を残し、2階には両親の家とご子息のデザイナーの事務所、3階をリビングダイニング、4階をデッキと露天風呂に再構成しました。

2階まであった木工所は1階に縮小しました。

2階のグラフィックデザイナーの事務所には新しく設けた専用の階段から入ります。

3階のリビングでは、キャスター付きのカウンターキッチンが活躍します。普段は一列に並べておき、親族や友人が集まる時は四角くまとめて上に料理を並べます。

キッチンのダイナミックな動きを猫も楽しんでいました。

全長5m40cmのカウンターの固定部分にはシンクとIHクッキングヒーターを設置し、残り半分の可動部分には調理道具や食器をたっぷり仕舞える扉と引き出しがあります。「家具より大きく、建築より小さいシステム」である建築家具は暮らしの変化にフレキシブルに対応します。

元は3LDKだった間取りを一部屋にリフォームし、浴室や洗面所は南側の壁側の扉の内側に納めました。

黒と茶の木質と、軽やかなファブリックの組み合わせがモダンなカントリーのイメージを実現しました。

4階屋上には防水ウレタンを塗装し、セランガンバツのデッキ材を敷き詰めました。ガラスの引き戸に囲われたバスタブは解放感を味わえます。

掲載誌
NIKKEI DESIGN 日経デザイン 2010年1月号
Casa BRUTUS カーサ・ブルータス 2010年3月号
住宅リノベーション入門 日経BP 2011年

既存建物の竣工年 1987年
既存建物の構造・階数:S造、地上4階
敷地面積:117.86m2
改修面積:152.50m2
延べ面積:212.28m2
各階面積:1階61.67m2、2階70.69m2、3階61.67m2、4階18.25m2
設計:鈴木敏彦(ATELIER OPA)+西澤高男(buildingLandscape)
施工者:深野工務店
施工協力者:佐々木電機商会(電気)、エアコンランド(空調)、矢貝水道工業所(衛生)、多田木工(家具)
設計期間 2007年7月~2008年3月
施工期間 2008年4月~9月

ATELIER OPA Co., Ltd.

All rights reserved.